Mark40 Photo

ドッグスポーツを被写体に、寄りにこだわった写真とノリのいいムービーを撮ってます。

NDA 2nd stage 2008 in丸亀5

AvF4.0 Tv1/4000 ISO500

複数のWANシューター(犬撮りカメラマン)と一緒に撮影していると、同じシーンを違う角度から切り取ってて、とても興味深いことがよくあります。 私の場合は『自分の画はこんなもんなのに、あの方の画は、まあ素晴らしい~』となることがほとんどなのですけど(笑)



そんな場面で最も面白いのが向かい合って撮ってる時ですね。






AvF4.0 Tv1/1500 ISO500

これ、背景奥でカメラを構えていらっしゃるvdちゃんさんも、ちょっと離れた向い側で構えていらしたとーちゃんさんも同じシーンを押えられてました。

vdちゃんさん撮影はこちら

と~ちゃんさん撮影はこちら



今から考えると縦位置じゃなく、横位置だったなと反省するのですが、同じ場面に対して複数の角度から複数枚の写真があるというのは、プレーヤーさんからすると嬉しいものでしょうね。 








AvF4.0 Tv1/1500 ISO500








AvF4.0 Tv1/1500 ISO500








AvF4.0 Tv1/1500 ISO500








AvF4.0 Tv1/1500 ISO500







AvF4.0 Tv1/1000 ISO500







AvF4.0 Tv1/1500 ISO500







AvF4.0 Tv1/1500 ISO500


スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 12:43:03|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NDA 2nd stage 2008 in丸亀4

AvF4.0 Tv1/1500 ISO500






AvF4.0 Tv1/1500 ISO500

背景のワンコのイラストとプレーヤー&ワンコの動きがシンクロしててちょっと面白いかも(汗)






AvF4.0 Tv1/1500 ISO500


えー・・・私、ここら辺からメインコマンドダイヤルを知らずに少し回したまましばらく撮影を続けるという失態を犯しておりまして






AvF4.0 Tv1/4000 ISO500

にゃーんと、この薄曇の光の下で1/4000の高速シャッターになっておりました(大汗) 当然画像は真っ暗。 ファインダ内の露出計をあまり見ていないという証拠でもありますね、これは。 





AvF4.0 Tv1/4000 ISO500

それでもソフトで持ち上げてみたらなんとか見られる明るさにはなりました。






AvF4.0 Tv1/4000 ISO500







AvF4.0 Tv1/4000 ISO500


怪我の功名というものではありませんが、この真っ黒いワンコにこのシャッターで、結構ピントが合ってるんですよね! JPEGでしかもISO500の高感度につき、最後の画像は特に荒れてますが、これはもしかしたらRAWでもっと低めのISO感度で高速シャッターでアンダーに撮り、後から現像で持ち上げたいい感じになるのでは?なんて思ったり(笑) 

んな訳ないか。。。 


  1. 2008/01/30(水) 19:34:59|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

NDA 2nd stage 2008 in丸亀3

AvF4.0 Tv1/1500 ISO500





AvF4.0 Tv1/1500 ISO500





AvF4.0 Tv1/1500 ISO500



すご~い動き! フリースタイルじゃないと見られない『ならでわの体勢』ですよね。

  1. 2008/01/30(水) 00:17:28|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

NDA 2nd stage 2008 in丸亀2

一応撮影した順番にアップして行こうと思っております。 もし参加者の方がご覧になられてましたら、どうぞ、画像は自由にお持ち帰り下さい。 (間で抜けてるワンコが居ますが、それは撮影に失敗したからです(笑))




AvF4.0 Tv1/1500 ISO500










AvF4.0 Tv1/1500 ISO500









AvF4.0 Tv1/1500 ISO500




午前は本部テントの向側から、午後の決勝は本部テント側(正面)から撮ったので、どっちの方向からも万遍なく押えることが出来ました。 でもやっぱ、正面(審査員)へ向けての演技となるので、正面から撮ったほうがいい画が多かったですね。

  1. 2008/01/29(火) 11:44:06|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NDA 2nd stage 2008 in丸亀

地元で開催される貴重なディスクドッグ大会『NDA丸亀』。先日1/26(土)NDA丸亀が開催されましたので乗り込んできました。この日の為にVR70-200mmを買ったと言っても過言ではありません(汗)ので、もちろん早くから休みを押さえ、待ち焦がれておりました。


一番心配されたのはお天気でしたが、なんとか雲も薄めで午前中はほぼ無風。午後からは多少風が出てきたものの、雲も取れて日差しも出てきて一安心。 ドン曇りになるとごっついテンション下がるんですよねぇ。(徳島のアジリティ大会の時はマジ凹みました)




AvF4.0 Tv1/1500 ISO400






AvF4.0 Tv1/1500 ISO400

ちょっとタイミング早すぎた。。。






AvF4.0 Tv1/1500 ISO400


クリスは決まってるけど、vdちゃんがちょっとかっちょ悪いポーズに(汗)





フリースタイル撮影で犬、プレーヤーの体勢、ダイナミックな構図、それぞれの向いてる方向、全てトータルで決まるには運による部分も多いですね。ルーティーンが事前に分かるわけではないので、縦横どっちに構えるべきかで既に悩む! ディスクが手元に一杯ある時に背面ジャンプやニーボルトなどを連発するので、そこがチャンスなのですが、思ったほど高く飛ばなかったり、また、思わぬところでめちゃ高いジャンプしたり。。。

その辺のプレーヤーの動きが読めるようになるまではまだまだ回数がかかりそうでっす=3

  1. 2008/01/27(日) 19:32:18|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白黒スナップ1

ここのところ、モノトーンにハマってまして、レタッチで加工して遊んでいたのですが、カメラ自体の仕上がり設定をB/Wにして、白黒スナップにチャレンジしてきました。



AvF5.3 Tv1/1500 ISO100


デフォルトではちょっと物足りないのでフィルタ加工等、少々レタッチを加えてみました。





AvF4.8 Tv1/1000 ISO100


いつものワンコのおサンポ道です(笑)


  1. 2008/01/25(金) 10:27:39|
  2. AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

お花

単50mmでお花撮り。


AvF2.0 Tv1/750 ISO100


一応手作りレフ板(笑)を当ててみてるのですが、うーむ・・・な感じ。(空が全部飛んでるし)


VR18-200mmもVR70-200mmも単50mmもどれもこれも『寄れない』のが最大のネックですよねぇ。一番大きく写しこむとしたら最短撮影距離45cmのVR18-200mmのテレ端で限界まで寄ることなのですが、暗い上に画質も悪い。




AvF1.4 Tv1/4000 ISO100


単50mmをトリミングしたほうがまだマシ。 開放のボケ味でちょっとマクロレンズ的な雰囲気にもなるし。 それでもやっぱり被写体小さい(汗)




AvF1.4 Tv1/4000 ISO100


せめてコレくらいのサイズが欲しいいのですが、トリミングでは流石に厳しい。やはりマクロレンズが一番ですかね。 超広角レンズでも頑張ればコレくらいなら寄れるでしょうか。 マクロが先か、広角が先か。。。資金計画的にはまだまだずーっと先のことで、近々には全然買えませんが、迷うくらいはタダですから(笑)

  1. 2008/01/19(土) 10:12:48|
  2. Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

テレマクロ

マクロレンズを持っておりませんので、手持ちのレンズでマクロ的な撮影をするとしたら、50mmF1.4で寄れるところまで寄ってトリミング、もしくは200mmテレ端ででテレマクロ。屋外ではテレマクロを試みてますが、なんかイマイチなんですよねぇ~。 


何がイマイチかって・・・



AvF5.6 Tv1/750 ISO200


暗いの(汗)


これ、手持ちのレンズで最も焦点距離を稼ぐ事が出来るVR70-200mm+1.7×テレコン装着、340mm(換算510mm)の組み合わせなのですが、開放はF4.8とそこそこの明るさなものの、開放では甘いので絞る→暗い・・・。




AvF6.7 Tv1/750 ISO400


暗くならないぎりぎりを狙って一枚目で0.5段、2枚目で1段絞ってみたのですが、全体に暗いです(当然か)。背景は妥協するものの、被写体だけでももう少し明るくならないものですかね~。この距離ではフラッシュは届かないし、レフ板持つ手ももちろん届かないし(笑)

SB-800を木の枝にくくり付けてワイヤレス発光させてみるか!?結構面白いかも(爆)

  1. 2008/01/18(金) 10:05:27|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDK杯(おまけ)

ディスクドッグの写真は前回で終わったのですが、現地で一緒に見学していた犬友のイタリアングレーハウンド『トトくん』とうちのあきとのポートレートを撮ったのでおまけに掲載。



これ、なんとニコンが誇る至宝(ちょっと大げさか?) VR200mmF2.0 通称『ニーニー』による画像なんです。 とーちゃんさんからお借りしたのですが、まーすばらしい(笑) ファインダを覗いた瞬間に『うわっ!』と、その別世界ぶりにぶっ飛ました。




AvF2.8 Tv1/750 ISO100



もうね、背景があり得ないほどに美しいボケ味なんです。 開放F2.0なので明るいのは分かっておりましたが、200mmの望遠と単焦点レンズ故のその圧倒的な高画質。 フルサイズ銀塩のファインダで覗くと、も~っと素晴らしいボケ味なのだとか・・・。うーむ、恐ろしい。 



AvF2.8 Tv1/1000 ISO100



素人ながら、ここまで圧倒的にその違いをファインダ像段階で感じるなんて、サンニッパ(300mmF2.8)と変わらぬお値段というのも納得です。 重量もサンニッパと同等(ちょい重)ですが(汗)


キヤノンからもそのうちに発売されるでしょうけど、今のところ、ニコンでしか堪能できないレンズなのです。 

・・・、などと自分を盛り上げてみているのですがー・・・、


実は先日、店頭で何気に40D触ってたら、そのAF性能の素晴らしさに本気でビビリました(爆) こんなに速かったっけ? 発売直後はシャッター音のヘボさや、シャッターかミラーか何かの駆動モーターのボヨヨ~ンっていう振動など、ネットで話題になってることにばかり気が行ってたので、AF精度はあまり記憶がなかったのですが、改めて冷静に触り比べると、いいですね、40D。
付いてたレンズがD300はVR18-200mm、40DはIS17-85だったので、D300に18-70mmあたりが付いてたらもう少し速かったのでしょうけど、圧倒的に40Dが速くて迷いも皆無に近かったです。店内の静体での評価なので、動体となるとどうかわかりませんが、自分の意図するとこにばっちりフォーカスしてくれる気持ちよさを感じました。(D300+VR18-200mmは天井からぶら下がったスポット照明の細いシャフトなどに素早くフォーカスしようとすると、背景へ抜けたり手前の商品に迷いそうになったりしてました。)やっぱAFはキヤノンが1歩も2歩も先を行ってますよね~。 口コミによるとD3あたりでようやく現在のキヤノンのAF性能に追いついたと言われてますが、同じ51点センサを備えるD300はどうなんでしょう。

次のボディはD300で決まり!なぁ~んて思っていたのですが、ちょっと、これは・・・、もしかしたらシステム移行を本気で考えちゃうかもです。これ以上レンズが増える前に(汗) でも今の機材を下取に出したらエラ損ですよねぇ。 でも強烈に印象に焼きついちゃった40DのAFのあの爽快感。。。


企業姿勢としては断然ニコンが好きなんですけどね~。あー誰か、私をニコンに引き戻してくれ~。
  1. 2008/01/15(火) 18:43:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

DDK杯5



AvF4.0 Tv1/1500 ISO200







AvF4.0 Tv1/1500 ISO200







AvF4.0 Tv1/1500 ISO200





これでDDK杯の写真はラストです。

  1. 2008/01/14(月) 13:24:28|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DDK杯4

家族で過ごす休日。


AvF4.0 Tv1/1500 ISO200





AvF4.0 Tv1/1500 ISO200





AvF4.0 Tv1/1500 ISO200




ディスクで子供も愛犬も皆で楽しむ1日。 いいものですね。




こういうほのぼのとした優しい光景とか、愛犬とプレーヤーさんの絆や喜び、愉しみが伝わるような光景。 私の撮るドッグスポーツ写真の味というか、自分らしさはこれかな?と思います。

迫力味や野生味などももちろん撮りたいし、好きなのですが、何も考えずに普通にシャッターを切ると、ほのぼの系が一番素直に撮れるんですよね、私。引きつけた「勢い系」ももちろん練習は続けますが、優しい雰囲気の写真の方が向いているのかもしれないです。
今はまだまだ練習と勉強をしつつ自分を知ろうとしてる段階ですが、ド素人を脱して一歩踏み出し、他人に積極的に見てもらう『自分の作品』という画作りの段階には、無理せず自分の背丈に合った写真から取り組もうと考えております。

(でも、これ、公開前提で取り組むには、『顔出し許可を得る』という写真とは別のエネルギーが必要なんですよねぇ。お初の方に許可なんていただけるのでしょうか。)

  1. 2008/01/13(日) 10:23:23|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DDK杯3


AvF4.0 Tv1/1500 ISO200


↑な感じで、 この日、日光が反射した車がまともに背景へ来て、ピントを持っていかれて苦労されてました。 苦労されてましたのは一緒に撮られてた上級者の方々のことであって、逆光だろうが順光だろうが、いつもピントを背景へ外している私にとっては、あまり関係のないことでしたが(爆)





AvF4.0 Tv1/1500 ISO200






AvF4.0 Tv1/1500 ISO200






当然のことながら、まともな画像を選んでアップロードしてますので、このブログを見る限りは『そこそこ撮れる素人』という印象を持たれそうですが、そんなことは無い訳で、撮影全数の4割くらいは背景抜け画像を量産してます。残り4割はピンボケもしくは追いきれずにフレームアウト。そこそこマトモな画像は2割くらい。
歩留り、めちゃ悪いです。 



  1. 2008/01/12(土) 00:06:38|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDK杯2

AvF4.0 Tv1/1500 ISO200






AvF4.0 Tv1/2000 ISO200


同じ位置から撮っても、方や私の画像はピンボケ&↑の通りのダメ構図(左をトリミングし、アンシャープマスクかけてます)。

方や源之助さんはピントばっちり&シャッタータイミングもこれまたばっちり




ま、キャリアも格も違いますので当たり前っちゃー、当たり前ですが(汗) 勉強になりますねぇ。
やっぱ写真の上達を目指すならば仲間と競ったり、上手な方と一緒に撮ることが大変重要だと思います。
自分のどこがダメなのか、どうすれば良くなるのか、一人で悶々としててもなかなか答えは出てこないものですし。




AvF3.3 Tv1/1500 ISO200



  1. 2008/01/10(木) 10:25:28|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

DDK杯1

昨年の秋に開催されたディスクドッグ香川(DDK)主催のローカルゲーム(DDK杯)の様子を何点かアップしていこうと思います。 本館で記事にしたきり、こちらで触れてなかったことに今頃気付きました(汗)すっかり忘れてました。 



AvF4.0 Tv1/2000 ISO200






AvF4.0 Tv1/1500 ISO200





AvF4.0 Tv1/1500 ISO200





最近、本当に物忘れがひどくなってきて・・・。物忘れだけでなく、無意識の行動にもひどく悩まされてます。朝出かける時に電気を消したか、鍵をかけたか、庭に2、3歩出ただけなのに全然覚えてなくて、すぐまた家に確認に戻ることほぼ毎日。 記憶にないから無意識というので、覚えてなくて当然なのかもしれませんが、それを心配になるようになったこと自体は、歳を重ねて(まだ30代なんですけどー)より慎重になったためか、臆病になったためでしょうかねぇ。 若い頃から無意識の行動は何ら変わってないが、それを怖く思うようになっただけなのかも。。。

(事実、9割9分電気は消えてるし、鍵もかかってますし)

でもたま~に、帰宅するとトイレや風呂場の白熱電球が点きっぱなしになってたり(部屋の蛍光灯ならまだいいけど、白熱電球丸一日点灯は・・・)、風呂の栓をし忘れてお湯を張ってたり(火事になったりはしないけど)、水道の蛇口がきちんと締まってないままダダ流れになってるのを、帰宅した時に気付いて愕然としたり・・・(これは一番ビビッた)。

学生時代以来、パラサイトしていた実家を離れて久々に一人暮らしに戻ってまだ1年余りなので、全てが自分に突き刺さってくる恐怖、誰のせいにも出来ない情けなさ。 

早く慣れなければ、一人に(大汗)
  1. 2008/01/09(水) 00:03:13|
  2. AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬なのに

我が家の庭に、こんもりと小さいもみじの木があるのですが、すっかり紅葉も終わって12月早々には枯れ葉も散ってしまっておりました。 それがそれがある日ふと見ると、細い枝の先に、唐突に数枚の色づいた葉っぱが生えてるではありませんか!? 





AvF2.8 Tv1/750 ISO200



新芽が吹くような感じに、急に生えたようなのですが、いきなり赤く紅葉してるし(汗)どういうことなんでしょ。 異常気象の影響でしょうかね、やっぱ。

枯れ枝にぽつりと花が咲いたようで、とても風流ではあるのですが。。。





AvF2.8 Tv1/1000 ISO200



真冬に紅葉が見られるとは思いもしませんでした。

  1. 2008/01/07(月) 11:47:26|
  2. Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物撮り

明けましておめでとうございます。 新年が始まりましたけど、本ブログは相変わらずの過去画像蔵出し方式で行きますので、どうぞよろしくお願いいたします(笑) ということで、早速昨年撮影の画像からスタートですよ。


写真にちょっと興味が出てきてから色んなジャンルのブログやHPを拝見しているのですが、犬以外で(汗)興味があるのが花や昆虫のマクロ写真と小物やインテリアの物撮り写真。 いずれもマクロレンズがないと厳しいのは知っておりますが、手持ちのレンズでなんとか真似事でもと、物撮りやってみました。




AvF13 Tv6 ISO100




50mm単焦点で寄れるだけ寄って絞れるだけ絞ってみました。 このレンズ、最小まで絞るより一段前の方が解像度が高いような気がします。 やればやるほどもっと文字盤の細部やブレスの質感を表現したくなり、マクロレンズが欲しくなりますね~(汗)  年初早々レンズ沼。




 
AvF16 Tv6 ISO100


解像度的には単焦点なのでまずまずですね。 ただ、もう少し寄れたら・・・。最短撮影距離45cm、このレンズの唯一の不満点です。 25cmまで寄れる35mmF2.0も欲しー。(年初早々レンズ沼)

仕方がないので周囲を少々トリミングしてます。




AvF16 Tv4 ISO100





被写体はイマイチですが(汗)(本当はブライトリングのナビタイマーをドアップで撮りたい!) 1枚目はオメガ スピードマスター(オートマチック)Mk40、2,3枚目はカルティエ タンクフランセーズLM。 HNはこの腕時計からいただいてます。ちなみにサイドバーのプロフ画像はコンデジです(爆) コンデジのマクロモードの方が寄れるし。

  1. 2008/01/05(土) 11:43:24|
  2. Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

プロフィール

mark40

Author:mark40
ドッグスポーツが好きで撮影してます。基本的に加工(顔ボカシ等)はしておりませんので、公開が不都合な画像があれば非公開コメントにてお知らせください。
画像の無断使用・転用はご遠慮願います。

参加中

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ユーザータグ

アジリティー競技会 JKC ディスクドッグ JDDN NDA アジリティーコンペ JFA OPDES K9 ジャパンカップ HFJ ショートムービー 犬ポートレイト NPA JAM シープ  ランドスケープ フライボール 

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月刊アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する