Mark40 Photo

ドッグスポーツを被写体に、寄りにこだわった写真とノリのいいムービーを撮ってます。

JKC 大阪ブロックアジリティー競技会 2010/1/10 ⑤

・ヨハン

この日は1度デビュー戦、3歳のお誕生日、兄弟との再会と、いろいろ記念となる大会だったようですね♪














sDSC_6713_20100115115025.jpg








sDSC_6729.jpg







sDSC_6736.jpg







sDSC_6739_20100115115025.jpg







sDSC_6742.jpg







嬉しいことでもあり、悲しいことでもあるのですが、このブログ、アジの記事をアップし始めるとアクセス数が倍増しますね。まぁ、それだけ競技人口がケタ違いだということでしょうけど。 「大阪ブロック」というキーワードでの検索ヒットが非常に多く、ブログ村のリンクからもいつもの10倍な来客(笑)

もともと競技をされてるお友達や、そのお知り合いの方のご来訪が多かったので、そっちへ向けた本文づくりをしてきたのですが、カメラを始めた方やドッグスポーツを撮りたくて、その撮影方法について検索してのアプローチで来られてる方も結構居るみたいですね。 プレーヤーさん、ハンドラーさんの中にも競技の合い間にデジイチで撮影される方は多いですし。


ということで、ちょっと撮影についての基本から応用まで色々カメラ的なお話をしてみようと思います。『アジリティー撮影講座』というほどたいそうなもんじゃありませんが(汗) 私も当然、ズブの素人からのスタートでしたから、易しく解説してくれるサイトがあったらいいのになぁって当時は思いました。
コンデジユーザーの方には申し訳ございませんが、一応APS-Cデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)を使うことを想定して、なるべく初心者目線から始めようと思いますので、興味のある方はお付き合い下さい。






もちろん、色んな方法、いろんな好みがあるので設定や撮影の手法は千差万別ではありますが、ごく一般的な手法を一言で言ってしまえば、『デジイチに望遠レンズ付けて、1/2000秒程度の高速シャッターで置きピンで撮る』のが基本なのです。でも、そうしろ、と言われても・・・どうすればいいんだ、となります。分かります。では解説していきましょう。




・機材


 どんなメーカー、機種でも200~300mmまでの望遠レンズがあればOKです。Wズームキットなどだと55-200mmとか55-250mmの望遠ズームが付いてますので、それでまずは十分です。





・設定

 
 露出モード

 基本的にオートでも構わないのですが、逆光時にフラッシュが光ってしまう危険がありますし、絞りを適度に絞ろうとしますので、絞りを自分で制御出来るAv(絞り優先AE)モードを推奨します。 え!?今までオートしか使ったことが無いよ!って方も恐れることはありません。基本的にはオートですから。絞りの値のみ自分で決定し、シャッター速度はカメラがオートでやってくれます。 絞り値(F値)は開放(一番小さい値)に固定ですので、実質オートな訳です。 キットレンズだと望遠側の開放F値は大体5.6なので、F5.6に合わせてあとはイジる必要はありません。絞りは開放(一番小さい値)に合わせます。 
 問題はISO感度設定ですね。 ビギナーはこれに無頓着な方が多く、結果ブレた失敗画像を量産してしまってます。
 ISOオートという設定が出来る機種はそれでOKですが、出来ない場合は自分でしっかり調整して下さい。

 ・ISO感度の調整方法

  まず、絞りはF5.6に固定ですので、そのまま、狙う障害に構えてシャッターを半押しし、ファインダー内液晶の数値を確認するか、それが無い機種なら肩面液晶、もしくは実際に何枚か試し撮りしてみて、背面液晶で撮れた画像のシャッター速度を確認します。 何を見てもいいですからその場のシャッター速度をまずは確認してください。
  もし、1/800とか、1/400とかしか出てなかったら全然足りません。そこでISO感度を上げるわけです。露出の話は難しいので省略しますが、ISOを上げるとシャッター速度が上がると、機械的に覚えてください。そしてアジリティーの犬をブレなくきちんと写し止めるにはおよそ1/2000秒以上のシャッター速度が必要、と覚えてください。(1/2500秒でもブレる時はブレますし、1/1600秒でも十分止まることも多いけど、平均でね。) 
  
  ISO400・・・ISO800と上げていき、背面液晶orファインダ内の液晶で確認を繰り返し、1/2000秒以上になるようにISO感度を上げます。 これで一応は完了。 
  
  一応は完了、と書きましたが、露出は太陽の高さ(時間帯)や曇り具合で刻々変わりますので、急に曇った(晴れた)場合は急いでシャッター速度が1/2000前後になるよう、ISO感度を設定し直しましょう。

  面倒だな~、そんな作業。 どうせなら最初からISO1600とか3200まで上げておけばいいんじゃない?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。ISO感度は高くなれば高くなるほどノイズが増えて画質が悪化(ザラザラ)しますので出来れば上げたくないんですね。 だから日差しが十分な時には1/2000秒が稼げる程度ぎりぎりまで、ISO感度を下げましょう。

  私の経験から言わせていただくと冬場は太陽が低くて暗いので、すごく晴れた日のお昼前後でもF5.6だとISO200でシャッター1/2000秒いきかねると思います。曇った日中だとISO400~800あたりをよく使い、夕方になってくるとISO800でも間に合わなくなり、ISO1600あたりまで上げざるを得なくなってくると、もう画質ザラザラで撮る気が失せてくるので撮影終了です(笑)

 
おお、ISOだけでエライ長々となってしまった(大汗) しかも、ここまで読んで、やっぱり難しそう・・・面倒だからや~めた、って方! やめないで!!(笑) わかりました。 もう分かりやすく、とりあえずISOは800に固定で行きましょう。 F5.6&ISO800で絞り優先モード。 これで冬場の平均的明るさならまずまずのシャッター速度が出ると思います。 (じゃあ、最初からこう書けって?(汗))




次!




 測光モード

 これは全自動(マルチパターン測光)で特に問題はないでしょう。



 その他細かい設定はまあ適当に(笑)





 AFモード

 はい!出ました。 これが結構重要。 まずAF-C(C-AF コンティニアスAF AFサーボ)色々呼び方がありますが、追従モードにセット。撮影方法としては『置きピン』というテクを使うので、AFは出来れば親指のボタンで使用したいのです。これを親指AFといいます。 親指AFボタンが最初からある機種はそれで問題ないので、あとはレリーズボタン(シャッターボタン)のAF機能をOFFにします(押した時にAFが駆動しないように設定)。
 親指AFボタンが無い場合。 代わりにAF/AEロックボタンが付いていると思いますので、それをメニュー画面でAF駆動に切り替える機能が付いていたら切り替えます。同時にレリーズボタンはAF駆動をOFF。 

つまりAFは親指専用、レリーズボタンはシャッターを切るのみ、に分担するわけです。

 これが出来ない機種だとちょっと面倒ですが、レンズかボディのAF/MF切り替えボタンを素早く切り替える練習をしておいてください(笑)

 何故こんな準備が必要か? それは置きピンの解説を読めばすぐわかりますよ(笑)



:追記:

AFのフォーカスポイントは中央1点固定です。 連写は遅い機種はあまり役に立たないので気にしなくていいです。
それからAF-Cにする理由は、置きピン撮影のみではなく、タッチ障害等をAFを追従させながらの撮影もするからですが、まずは一枚でいいから、置きピンのみでしっかり撮る、という場合はAF-S(ワンショットAF)でOKです。バーに半押しで置きピンしてAFを固定し、犬が来たらそのままレリーズを押し込む、でOKです。



ここまでで、事前のカメラセッティングはほぼ終了です。




では実際に撮影をしてゆきます。







・置きピン


一度でも真剣にアジリティーを撮影したことがある人ならすぐに実感してることと思いますが、 アジリティー撮影では、普通に犬をファインダーで追いかけながらAFしようとしても、目の前のハードル、あっちのタイヤ、そっちのシーソー、走り回るハンドラー、突っ立ってる審査員、リード運びのバイト君など、様々な障害に阻まれて、カメラのAFが迷いまくり、ピントがあっちこっち抜けてしまいます。
それを防止するために、狙った地点にピントをあらかじめ合わせおく、これを置きピンと呼びます。置きピンしたらカメラはそのままそこに構えたまま、犬が通過するのを待ち、ピントを置いた部分に犬の頭(顔)が来るタイミングでシャッターを切る、それだけです。 

作業自体は実に簡単です。

ここで前出のAF設定の意味が分かります。 置きピンをすると、ピントを置いた後にはAFは一切動いてはいけないので、シャッターを押し込む前の半押しでAFが駆動してはダメなのです。だからAFは親指のみで行い、シャッターボタンはシャッターを切るだけにするのです。 親指AFセッティングが出来ないカメラの方は、面倒ですが、AFで置きピンをした後、すぐにMFに切り替え、犬が来たらシャッターを押して、またAFに戻し置きピンをする、という作業で撮影を進めていきます。



大体流れはわかりましたかね?



長くなったので、置きピンの具体的なやり方については、また次回に。


スポンサーサイト
  1. 2010/01/15(金) 19:02:46|
  2. AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<JKC 大阪ブロックアジリティー競技会 2010/1/10 ⑥ | ホーム | JKC 大阪ブロックアジリティー競技会 2010/1/10 ④>>

コメント

最後まで読みきりました(笑)
私は良くやるんですよISOの戻し忘れ・・・
今日もやってしまいました。昼間で6400はないだろーみたいな・・・
モニター見てえぇぇぇでした。
  1. 2010/01/16(土) 20:57:35 |
  2. URL |
  3. しゅっぽっぽ #NS68E/QU
  4. [ 編集]

v-281しゅっぽっぽさん v-281

長文にお付き合い下さってありがとうございます(笑)
しゅっぽっぽさんには私が教えを請いたい側ですので釈迦に説法ですが、ビギナーに向けて、何か足りないアドバイスなどあれば、是非補足をお願いします。

慣れてくるほどファインダーの数値、見てないですよねぇ(汗)私も夜撮った後は戻し忘れ、よくやります(大汗)測光もスポットから戻し忘れてド白飛びしてしまったり(滝汗)
  1. 2010/01/17(日) 11:25:36 |
  2. URL |
  3. まーく40 #pA.9IcXk
  4. [ 編集]

大変遅くなりましたが、大阪お疲れ様でした。

3コートのバタバタのなか、我が家のヨハン君も撮っていただき
ありがとうございましたv-421
前回撮っていただいた画像と比べても、ヨハン君なかなかいい
お顔で走るようになったな~と、今回の画像をニヤニヤしながら
見ておりますv-398

画像、頂いて参りますm(_ _)m
  1. 2010/01/18(月) 21:32:08 |
  2. URL |
  3. サンタジオ #DKTZL/tM
  4. [ 編集]

v-281サンタジオさん v-281

こちらこそ~、先日はお疲れさまでした。
久々に兄弟再会が実現して、ヨハンも喜んでた(?)ことでしょう(笑)

今回、2,3度が変則進行だったのでさっぱり読みが狂ってしまいまして、なんとか1走分だけでも撮れてほっとしてます。
確かにいい顔するようになりましたね! というか、オゥシーらしい顔になってきたと思います♪
  1. 2010/01/19(火) 12:26:05 |
  2. URL |
  3. まーく40 #pA.9IcXk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mark40.blog44.fc2.com/tb.php/493-ae330130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mark40

Author:mark40
ドッグスポーツが好きで撮影してます。基本的に加工(顔ボカシ等)はしておりませんので、公開が不都合な画像があれば非公開コメントにてお知らせください。
画像の無断使用・転用はご遠慮願います。

参加中

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ユーザータグ

アジリティー競技会 JKC ディスクドッグ JDDN NDA アジリティーコンペ JFA OPDES K9 ジャパンカップ HFJ ショートムービー 犬ポートレイト NPA アジリティー撮影講座 JAM シープ  ランドスケープ フライボール 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月刊アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する